肉から得たい数多くの健康効果

ひと頃、肉をあまり摂らないほうが健康の維持に良いといった考え方が注目され、議論を呼んでいました。日本人の腸が長いので肉を消化するのに向かないといった俗説めいた理由から、悪いのは抗生物質などが多く使われている安価な輸入牛といった説なども取り沙汰されていましたが、現在では少数派となっている感があります。デメリットがあるにしても、人それぞれ気にするポイントも違っており、総じて、肉に限らず、同じ食品の食べ過ぎは身体に良くないということになります。肉の場合は特に、脂の摂り過ぎにデメリットが多いことから、悪者にされやすい面があると言えます。昨今、肉の摂取が不眠症やうつ病の予防や改善に良いということで評価が高まっていますが、部位としては赤身やレバーが特に良いとされていますので、健康効果を狙うにしても、贅沢な霜降りステーキなどを一度にたくさん平らげてしまうのは、脂の摂り過ぎの弊害を考えて、控えめにしたほうが良いと言えます。
不眠症やうつ病など、精神的な不調を予防し改善に導くという昨今の熱い注目ポイント以前に、肉を摂取することで得られるたんぱく質は、内臓や筋肉の構成要素となるだけに、生命維持に最も必要な栄養素というところで、健康効果があるというよりは、活動的に過ごしたい人にとって、まさに必須の食材の一つと言えます。必須という点では、タンパク質を構築する20種類のアミノ酸のうち、人が体内で作り出すことができないにもかかわらず、絶対に必要なアミノ酸である9種類の必須アミノ酸も、肉にはバランスよく含まれています。必須アミノ酸は、9種類のうちたった1つでも不足してしまうと、ほかの種類の必須アミノ酸の利用効率まで落としてしまうと言われています。ただ多くを摂るだけでなく、9種類の必須アミノ酸すべてをバランス良く摂取してこそ、真の健康効果が得られます。さらに、動物性たんぱく質は、植物性のものと比べて体内にスムーズに吸収されやすいという性質もあります。肉こそが、必須アミノ酸をバランスよく備えた良質のたんぱく質を、効率的に体内に取り入れやすい食材ということになります。
ストレス過多の現代社会では、その悪影響によって不眠症やうつ病に陥りやすい人が増えていると言われます。ストレスは、呼吸や消化など生命維持に必要な活動を司る自律神経の働きを乱してしまいます。不眠の場合、自律神経のうち心身をリラックスに導く副交感神経が夜になっても優位にならず、昼間の活発な活動や緊張などに作用する交感神経のほうが優位のままになっていることで、寝付きが悪かったり、夜中に目覚めてしまうといった状態が続きます。よく眠れずに昼間に強い倦怠感に悩まされるなど、それ自体がストレスとなり、さらに自律神経が乱れるという悪循環に陥ります。不眠とうつは相互作用で悪化する面があると言われ、不眠症の人はうつになりやすく、うつ病の人は不眠になりやすいということで、どちらかの兆候がある場合は早期の対処が重要となります。日常生活に支障をきたすほど悪化してしまった場合は、医療機関の受診が必要ですが、不眠ぎみ、うつっぽいといった段階では、肉メニューを増やすことで、悪化を食い止めることが期待できます。ことに赤身やレバーが良いとされるのは、必須アミノ酸の一つトリプトファンを効率的に摂取できるからです。
トリプトファンは、不眠やうつに悩む人が改善のために必要と切望している脳内物質セロトニン生成のカギを握る栄養素とされ、それが多く含まれるのがレバーと赤身と言われます。トリプトファンは、セロトニンの材料となる栄養素ですが、それだけでは効率よく生成されにくく、助けとなるビタミンB6が必要となります。そのビタミンB6もレバーなどには備わっている上、焼肉などでタレとして共に賞味するニンニクやトウガラシにも豊富に含まれていることから、美味しい焼肉を味わうことでセロトニン生成が促される可能性がが高まります。セロトニンは、人が幸福を感じる心の作用に大きな役割を果たす脳内の神経伝達物質と言われていますので、美味しいものを食べて満足するといった過程も経ることで得られる相乗効果も期待できます。ビタミンB6以外にもトリプトファンを助ける栄養素には、もう一つ、鉄分もあります。ダイエット中や生理不順、更年期の女性がうつに陥りやすい原因の一つに鉄分不足もあると言われますが、鉄分不足によってセロトニンが上手く生成されなくなっているという点も影響しています。鉄分豊富な食材と言えば、あまり栄養素の話に詳しくない人でも、レバーに多く含まれていると知っているほど、肉の中でも健康効果の決め手ともいうべき部位であることがわかります。
いくら心身の健康に役立つからと、頻繁に焼肉料理店に通うのは難しいものがありますので、自宅でもマメに料理に取り入れて健康効果を狙いたいものです。今やネット通販によって、卸ショップなどから美味しいお肉の仕入れ ができるようになっています。そういったショップを上手く利用して、質のいい赤身やレバーをお得に入手し、好みの料理で美味しく味わうことで、ストレス過多の日々を乗り切るパワーが得られます。
こちらもぜひお読み下さい「鶏むね肉はヘルシー?やわらかくする方法&簡単美味レシピとは?