肉のサラダで野菜も一緒に食べる

肉にはいろいろな種類があります。その種類だけではなく部位によっても違うのでおかずなどで料理をするときには選んで使います。美味しい肉を仕入れる ときには専門店や大型のスーパーなどで購入するという人もいますが、スーパーにも最近は肉の種類が増えてきており、美味しいものもたくさんあります。
肉の料理にはがっつりとしたもの、さっぱりとしたものがありますが、サラダを作ることもできるので食欲がないときにもおすすめです。サラダなら野菜を一緒に食べることができるのでいいです。

たとえば、焼いた豚しゃぶサラダというものがあります。材料は2人分で牛もも薄切り150グラム、サニーレタス2枚、ミニトマト6個です。たれの材料として、おろしにんにく小さじ2分の1、しょうゆ大さじ1、みりん大さじ2分の1、ごま油小さじ1、酢小さじ1、こしょう、少々、サラダ油を用意します。はじめにサニーレタスは一口大にちぎり、ミニトマトは横半分に切っておきます。牛肉は5センチ幅に切ります。フライパンに油大さじ2分の1を熱して牛肉を広げ、強めの中火で両面を1分から2分さっと焼きます。器にサニーレタスを敷いて、焼いたものとミニトマトをのせてよく混ぜたたれをかけて出来上がりです。簡単ですがしっかりとした味なのでおつまみにもなりますし、ご飯のおかずとしても相性がいいおかずです。

ハンバーグの上手な焼き方とは?簡単アレンジソースレシピも公開も参考になりますが、玉ねぎの豚しゃぶサラダもおすすめです。
材料は2人分で豚しゃぶ用の肉200グラム、玉ねぎの大きめのもの1個、水800ミリリットル、顆粒の出汁5グラム、酒大さじ3杯、あればカイワレ大根適量、ポン酢または胡麻だれ適量を用意します。玉ねぎを薄くスライスします。一切れかじってみて辛さが気になるなら水にさっとさらしておきましょう。切った玉ねぎを器に盛ります。鍋に水と酒と出汁を投入して温めて、鍋のお湯が沸騰し始めたら火を少し弱め、豚肉を少しずつしゃぶしゃぶして色が白くなったらザルに移します。器に盛った玉ねぎの上にザルに移したものを被せるようにのせて、カイワレ大根をトッピングすれば出来上がりです。
シンプルですがシャキシャキの玉ねぎと豚肉の相性がとてもいいので美味しいです。ポン酢または胡麻だれを好みの量かけて食べるといいです。お湯でしゃぶしゃぶすることで余計な脂も落とすことができるのでさっぱりと食べることができるので食欲がない人、ダイエット中の人などにもおいしく食べることができるおかずです。