豚 鶏 牛さまざまな肉の効果と調理法

豚は部位による味の差が少なく、さまざまな料理に使うことができます。ヒレなど脂肪の少ない部分は、長時間加熱するとパサつくことがあるので、短時間の炒め物や油を使った調理法が適しています。バラなど脂肪の豊富な部分は、煮込んでコクを楽しむ調理法に向いています。とんかつ、カレーだけでなくハンバーグや餃子など、ひき肉料理としても人気があります。豚は疲労回復や食欲増進に効果的な、ビタミンB1が豊富です。その中でも特にヒレのビタミンB1量は、食品の中でもトップクラスです。夏バテ防止や疲労を感じた時のメニューとして、上手に取り入れたいものです。揚げ物の場合は、エネルギーが高くなりやすいので衣を薄くするのがポイントです。

鶏は牛や豚に比べて淡白な味で、高たんぱくです。皮を取り除けばエネルギーも、比較的低めです。部位によって違った風味が味わえるので、さまざまな料理に使うことができます。あっさりといただくなら和え物や蒸し物に、ボリュームをつけるなら揚げ物や炒め物が適しています。唐揚げや照り焼きは、一年を通して好まれている定番メニューになっています。鶏肉でも皮を取り除いたささみやむね肉は、脂肪が少なめで高たんぱくです。その良質なたんぱく質を無駄なく取るのならば、栄養価の損失も少なく同時に脂肪も落とすことができる蒸す、ゆでるといった調理方法がベストになります。鹿の特徴や産地とは?ヘルシーさを活かす鹿ローストのレシピもぜひチェックして下さい。

牛は豚や鶏に比べて体が大きい分、部位によって風味が違うのでそれぞれの特徴を生かした調理法を心がけるのが、おいしくいただくコツになっています。また濃厚な味わいが楽しめる和牛から、やや淡白で肉の柔らかい国産、牛肉の中では手ごろな価格の輸入と嗜好や調理方法から、選ぶこともできます。牛肉の濃厚な味わいを支える脂質のおよそ半分は、コレステロールを下げる効果を持っているオレイン酸になります。鉄やカリウムといったミネラルも豊富で、特に含まれている鉄分は吸収率が高く野菜から得るよりも、効果的とされています。牛は2週間ほどの熟成期間を経て食べごろの状態で店頭に出されていますので、買ったその日に食べるのが一番です。色は鮮やかな赤、脂肪は白か乳白色で肉と脂肪の境目が、はっきりしているものが新鮮です。保存は冷蔵庫なら3~5日、冷凍庫なら1か月が限度になっています。これらのさまざまな肉の卸なら ば、ネットを利用することで多くの種類や部位の中から、自分自身で選んで購入することが可能になっています。