肉をコーラで柔らかくすることができる

肉にはいろいろな種類と部位があり、硬いもの、柔らかいものがあります。一度にたくさん購入する人もいますし、安い肉を買って工夫をして調理をしている人もいます。安いものでも工夫することでおいしく調理をすることができる方法がたくさんあります。
業務用食材の卸売なら 専門店で購入する、大型のスーパーなどでお得な肉を選んで購入しているという人も多く、その種類によってレシピを探して調理することができるので便利です。普通のスーパーで購入することができる外国産の肉を柔らかくする方法もあるので自分の好みの味付けだけではなく、柔らかくする方法にも挑戦してみるといいです。溢れる肉汁が最高!最も豚バラ肉を活かせるメニュー&豚銘柄4選もぜひ参考にして下さい。

たとえば、コーラを使うことで肉をおいしくすることができるレシピもあります。
チキンのコーラ煮はシンプルな材料でしっかりとしたおかずを作ることができるのがいいです。材料は3人分で、鶏もも肉3枚、コーラ200ミリリットル、醤油40ミリリットルを用意します。鶏ももは脂身を取り除き、皮を下にしてフライパンで焦げ目をつけていきます。脂がでてくるのでキッチンペーパーでまめにとっておくように気をつけて、焦げ目がついたら裏返して少し焼きます。次に、コーラと醤油を入れて煮ていきます。沸騰したら中火で蓋をして鶏肉にしっかりと火を通しましょう。火が通ったら裏返して強火にして煮詰めます。煮つめてきちんと火が通ったら切り分けて盛りつけて出来上がりです。

コクのある本格的な豚の角煮を作ることができます。
材料は3人分から4人分で、豚バラブロック600グラムから800グラム、コーラ500ミリリットル、しょうゆ100ミリリットル、しょうが大さじ1、酢大さじ1を用意します。
豚バラブロックを10分ほど下茹でしておきます。ゆでた汁は捨てておきましょう。 鍋にコーラ、しょうゆ、しょうが、酢を入れ煮込んでいきます。鍋にアルミホイルで落としブタをし、30分ほど煮込めば出来上がりです。弱火で煮込むほど柔らかくなるので好みの柔らかさになるまで煮込むといいです。圧力鍋を使用すると煮込み時間はたったの10分で出来上がります。簡単ですがしっかりとした味で材料も少なくてすむのでおすすめです。
煮込んでいるとタレが大量にできるので一緒にゆで卵を入れるとおいしい煮たまごを作ることができます。この分量で豚肉の1キロまで十分に対応することができるのでたくさん作って保存しておきたいという人にもいいいです。